キャッシングの総量規制とはどのようなものでしょうか

キャッシングでいう総量規制というのは、どのようなものでしょうか。

まずこの総量規制というのは、消費者金融のみのシステムです。

借り過ぎや多重債務、またはそれに伴う債務整理を抑える目的で設けられたもので、キャッシングを行う場合に、名義人の年収の3分の1を借入限度額とするものです。

これは消費者金融でのすべての借入に適用されますので、もし既に他の消費者金融を利用していて、新規に申し込む場合には、金額によっては年収の3分の1を超える可能性があります。

その場合はキャッシングができなくなることもありますので、気を付けるようにしましょう。

また、自分以外の家族の名義で借入を行う場合は、名義人である家族の借入枠がその分小さくなるため、その人の同意が必要になります。

しかし、年収の3分の1を超えてももう少し借入をしたい、あるいは、家族に内緒で借入をしたい時というのもあります。

そのような場合には2つの方法があります。

まず、総量規制対象外の消費者金融を利用することです。これはネットで検索すれば見つかります。

もう1つは、銀行でキャッシングやカードローンを申し込むことです。

なぜかといいますと、消費者金融は貸金業法が適用されますが、銀行は銀行法の適用になるため、貸金業法に定められた総量規制が存在しないからです。

従って、限度額を気にせずに融資してもらうことができますが、あまり他からの借入件数が多いと、審査に通らないこともありますので注意してください。

もう一つ総量規制のうまい使い方は専業主婦の方が無職でも借りれるといつメリットがあります。

おすすめ外部サイト
専業主婦カードローンの人気比較

総量規制とは