キャッシングを繰り上げ返済して総返済額を減らす

カードローンは便利ですよね。
カードさえあれば、提携のATMやキャッシュディスペンサーなどから簡単にキャッシングができるのです。
とっても簡単なので、一度くらいは利用経験のある方が多いのではないでしょうか。

通常、キャッシングは毎月いくらかを返済していくのですが、その返済の度に利息がかかってしまいます。

借金なのですから仕方ないといえばそれまでなのですが、余裕ができてすぐに返せるのであれば繰り上げ返済がお得なのです。
 
というのは、利息というのは残額に関してかかってきます。
10万円借りて毎月1万円ずつ返したとすると、その1万円に所定の金利がプラスされてしまうのです。

よく年利15%というと10万円借りたら11万5千円返せばいいと勘違いしている方がおられますが、それは間違いです。

毎月1万円ずつ返すのであれば、1万円返して9万円になったらその9万円に15%の年利が、翌月また1万円返して8万円になったらその8万円に対して15%の年利がとかかっていくのです。

つまり、余裕があるなら翌月一括で返済すれば11万5千円で済むわけなのです。

毎月1万円を捻出するのがやっとというなら、毎月1万円ずつの返済でもいいでしょうが、もっと返せるというなら繰り上げ返済した方が安く済むのです。
 
このように、余裕があるなら繰り上げ返済した方が、総返済額も安く済みますし、返さないといけないという精神的プレッシャーも少なくて済むのです。