消費者金融には総量規制があります

消費者金融は多くの方に利用されている金融サービスで利便性で、利便性が優れていることで知られていますが、利用する前にはまずはその特徴を知っておきましょう。
 
消費者金融を利用する際は、まずはどれぐらいの金額までが借りられるかは気になるところです。
消費者金融では融資限度額が500万円までなど、大口の融資にも対応している業者がありますが、誰もがこの金額を借りられるわけではありません。
 
まず、消費者金融の借入は総量規制の対象となっていますので、総量規制を超える金額の融資は受けることができません。
これは個人の借入金額の総額がその人の年収の3分の1までの金額としている制度があります。
一部除外や例外はあるものの基本的には借入ができるのはこの金額までとなっていますので、複数社から借りているという場合は総量規制を超えないよう気をつける必要があります。
 
除外となるのは不動産の購入費や自動車の購入費、不動産担保貸付や高額療養費の貸付などがあげられます。
 
消費者金融の審査の際には申し込み用紙に年収や、現在の借入金額を入力しそれぞれに合った金額が融資されることとなります。
消費者金融に申し込む際は、小額の融資であれば、本人であることを確認できる書類があれば手続きができますが、50万円以上の借入をする場合や、他社と合わせて100万円を超える金額を借りる場合は収入を証明できる書類が必要となりますので、まとまった金額を必要としている場合はそうした書類も用意しておきましょう。