必要書類の提出について 借りやすい消費者金融

金融機関でキャッシングをする際、必ず借り入れが出来るかどうかの審査が行われ、その際に必要書類の提出が求められます。

では消費者金融で借り入れをする場合どのような書類が必要となってくるのでしょうか?

まず必ず必要となってくるのが本人確認のできる書類です。

一般的なものとしては、運転免許証が1番望ましいと言えるでしょう。

その理由は氏名や生年月日、住所、顔写真がちゃんと記載されているものだからだそうです。

他にも、健康保険証やパスポートでも身分証として認められます。
ただし、上記の書類に記載された自宅住所と現在お住まいの住所が違う場合は、現在お住まいの住所が記載されている以下のいずれかの書類(発行から半年以内)のコピーも一緒に提出する必要があります。
・国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書または請求書
・公共料金の請求書
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

これらはお借り入れをする会社によっても違ってきますので、金融会社のホームページで確認するか、お問い合わせをしてご確認ください。

そしてもう一つ必要となる書類が収入証明書です。
ただし、収入証明書はお借り入れを希望する金額によっては不要の場合があります。

ほとんどの消費者金融で50万円以上のお借り入れで提出を求められるようです。

収入証明書に当たる書類は、源泉徴収票、過去数ヶ月分の給与明細書、年金証明などがあります。

準備するまでに時間がかかってしまうものもありますので、余裕をもって用意しておくとスムーズなお申し込みができるでしょう。

事業者ローンの場合は身分証の他にも決済書や納税証明書など様々な書類が必要になる場合もありますので、事前にしっかり確認し準備しておくと良いでしょう。

最近では事業者でも借りやすいようになっているので安心してお申し込みをしてみてください。