キャッシングの一本化にはどのような特徴があるか

キャッシングの利用者の中には複数の会社と契約して返済が困難になっているケースもあります。

このような状況を解決するのに役立つのがキャッシングの一本化です。これを行うと次のようなメリットがあります。

まず、複数の借り入れを行っていると各社で返済期日が異なっており、それぞれに対して返済しなければならないため、手間がかかります。

うっかり期日を忘れてしまったり、返済に行く時間が取れず、返済が遅れてしまう危険性があるため、借り入れを一本化するとこの手間を減らせます。

金利面でも2つの理由で有利になります。

現在利用している金融業者の金利が高い場合、より低い銀行などに借り入れを一本化すると金利が下がるため、返済の負担が減ります。

また、キャッシングでは利用限度額が高くなると金利が低くなります。

そのため、複数の借り入れをまとめると利用限度額が高くなり、さらに金利を下げることができます。

ただし、利用に際して注意点もあります。一本化しようとする借り入れの数が多すぎると審査で断られる可能性が高くなります。

目安としては5社を超えると利用が難しくなるため、このような場合は先に現在利用中の金融業者の中で少しずつまとめて数を減らす必要があります。

また、月々の返済額の設定にも注意します。

一本化では金利は下がりますが、残高は変化しません。利用する金融業者によっては月々の返済額の初期値が低く設定されており、変更しなければ返済期間が長期化して逆に利息の総額が高くなってしまうこともあります。

このようなことにならないように返済額がどうなっているかよく確認しておきます。