キャッシングの時に必要な書類と審査、借入枠について

キャッシングは、無担保で保証人も立てなくて良い融資ですから、会社などに勤めている人のように毎月の給料が安定している人が主な顧客になります。

このような勤めている人であれば、正社員以外にもパートやアルバイトでもキャッシングできます。

申し込みは、インターネットや業者の無人契約機、店頭などで行います。

必要な書類は、50万円以下の少額を借りるのでしたら運転免許証などの身分証明書だけですみます。

申し込みをした後は、審査があります。

審査は、お金を貸しても良いかどうか業者が判断することですが、この時に、申し込んだ人の信用情報を専門の信用情報会社から取り寄せて調べて、かつ、勤め先に本当に勤めているか存在確認をします。

審査が無事通りますと貸し出し限度額が決められてお金が借りられるようになります。

この貸し出し限度額は、新規で申し込んだ人の場合には、年収にもよりますが、50万円に届かないことが多いようです。

また、他社からも借りている人の場合には、借入総額が年収の3分の1までという総量規制の縛りもありますので、希望額が借りられないこともよくあります。

総量規制に引っかからない時に貸し出し限度枠を増やすためには、キャッシングの実績を作ることが一番です。

きちんと返済して実績を積み重ねていますと、半年くらい経った時に業者側から増額の申し出があるかもしれません。

しかし、少しでも疑いを持たれますと貸し出し限度額の減額や契約解除となりますので、気をつけましょう。