サラ金での借入にはどんな書類が必要なのか

サラ金でお金を借りる場合には、どのような書類が必要でしょうか。

まず準備すべきなのは本人確認書類と収入証明書類の2種類です。
個人が50万円ほどを借りるのであれば、他の書類は特に必要ではありません。

本人確認書類について

714935
本人確認書類は、運転免許証・パスポート・保険証・住民基本台帳カードなどです。

保険証のように顔写真がないものは、金融会社によっては保険証ともう一つ顔写真が載っている書類の提出を求められることもあるので、調べておきましょう。

また、学生が借入をする場合は、学生証でも認められることもあります。

収入証明書類について

それから収入証明ですが、会社や役所などに勤めている人は、2か月分の給与明細と源泉徴収票、自営業の人の場合は、確定申告書のコピーになります。

また、アルバイトなどで給与明細が無い場合は、給与振込用の口座の通帳など、収入金額がわかるものがいいでしょう。

借り入れ希望額が50万円を超えるときやほかのサラ金との借入残高の合計が100万円を超えるときは収入証明書類が必要になります。

逆に言うと、その金額を超えなければ収入証明書類は必要ないということです。

ただ、審査には在籍確認というものがあります。
これは勤務先に電話を入れ、本当にその会社に在籍しているかどうかを確認するものですが、これをしてほしくないという人も中にはいます。
そのような場合に備えて、勤務先名が記載された給与明細を持っておいた方が、便利なこともあります。

サラ金でのお申込みはWEBで!

また借入は、窓口だけにはとどまりません。

最近は、特にサラ金の場合はネット上で申込が出来るようになっています。
やり方としては、PCや携帯で、利用しようと思っているサラ金のサイトにアクセスして、フォームに所定の事項を入力して送信します。

ただしネット上から書類を送ることはできませんので、この場合はFAXを使って送るか、書類を画像化して、アプリを使って送る方法のいずれかになります。